英語学習の環境の変化

ここ最近では、モバイル用のツールが随分と充実してきています。少なくとも一昔前と比べれば、まず間違いなく充実しているのです。英語学習の環境は、以前よりも恵まれていると考えて良いでしょう。

一昔前は難しかった外出先でのリスニング

そもそも英語学習を行うとなると、リスニングなどは欠かせない一面があります。やはりネイティブと会話をするという特性上、どうしてもリスニングを学ぶ必要はあるでしょう。全く聞き取りができないにもかかわらず、英会話力を伸ばすという考え方は、やはり無理があります。
それで多くの方々は、通勤や通学時間を有効活用したいと考えているのです。いわゆる電車で通学している間に、モバイルツールでリスニングを行うやり方はあるでしょう。MP3などのファイルをダウンロードして、モバイルツールでリスニングを行えば、それなりに英語力を伸ばす事はできます。
しかし、以前はそれも難しかった訳です。そもそも一昔前は、カセットテープだったのです。
テープの問題点は、音飛びが発生してしまう点です。テープを再生する事は可能ですが、持ち運びをすると、テープ面に傷が付いてしまう事もよくあります。余り頑丈でないテープですと、千切れてしまう事もありますから、昔はあまり充実していなかったと言えます。

音飛びが発生しないメリット

それで上記でも触れたモバイルツールは、基本的に音飛びが発生しません。MP3だけでなく、音声ファイルの何の形式でも構いませんが、少なくともカセットテープよりは音飛びが発生しづらい傾向があります。
しかも一昔前のモバイルツールは、とても大きかったです。現在のスマホは、とてもコンパクトなサイズになっている事は間違いありません。サイズ的にも音質的にも、以前より恵まれた環境になっている訳です。

電車の時間は存分に活用すると良い

それで多くの方々は、電車の中では時間を持て余してしまっています。そこで退屈な時間を過ごすよりは、やはりスマホをフル活用する方が良いでしょう。同じ音声を毎日のようにヒアリングするという、英語学習を徹底していれば、それなりに力の伸びは期待できるからです。
ちなみに上記でも触れた通り、以前はそれも難しい状況ではありました。当時と比べれば、やはり現代では英語学習に関する環境は、大幅に良くなったと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です