語学留学による英語学習は無意味という話は本当か

英語学習に関心がある方々は、たまに語学留学にも興味を持っています。ちょっとアメリカなどに渡って、集中的に語学プログラムで学習するという方法もあるのです。一部のアメリカの高校や大学などは、英語学習者を積極的に受け入れていますから、そこで学んでみるのも一法ではあります。

語学留学は無意味との意見

ところで語学留学に関する話を耳にした方々は、たまにそれに対して疑いを持っている事があります。
語学留学に行ったところで、それほど英語力が伸びる訳ではないという意見もあるからです。高度な英語力を習得したいと思うなら、むしろ大学留学の方が望ましく、語学留学は無意味という意見さえあります。

語学留学には意味はある

しかし、実際はそのような事はありません。語学留学も、使い方次第ではそれなりに英語力は伸ばせる可能性があるのです。
確かに語学留学に行くだけでは、伸び悩みが生じる可能性はあります。現地に行ったからと言って、劇的に英語力が伸びるとは断言できないからです。
しかし、それでも全く英語学習を行わないよりは、効果はあるでしょう。そもそも日本に居ると、やはり英語のインプット量は限定される一面があるのは確かです。それなりにインプット量を確保するという意味では、それなりに意味はある訳です。少なくとも「無意味」ではありません。

頑張りにより実力の差は生じる

ただし確かに語学留学に行った方々に、多少の実力差は確認されているのです。留学に行った結果、かなりTOEICの成績が伸びている方々も、大勢見られます。その逆に、思ったよりも成績が伸びなかったと話している方々も、確かに見られる訳です。
そういう差が生じるのは、やはり準備と現地での努力でしょう。そもそも語学留学は、行けば良いというものではありません。単純に向こうの国で受け身で学習をするだけでは、確かに成績の伸び悩みが生じる確率は高くなります。
それよりも、やはり事前準備がポイントになるでしょう。向こうの国に渡る前に、自分なりに入念に予習をした方々は、それなりに語学留学で成果が出ている傾向があります。
また現地に行ってからも、自分なりに学習を行う必要があります。やはり受け身では、どうしてもTOEICの成績も伸び悩んでしまうでしょう。
つまり語学留学は成果は期待できるのですが、それも本人の頑張り次第なのです。オーソドックスな方法ではありますが、やはり予習と復習がポイントになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です