センテンス単位の単語帳よりは小説で英語学習

市販の単語帳には、様々なタイプがあります。

英単語だけが収録されている音声教材つきの単語帳なども、最近ではよく見かけるでしょう。

ここ最近の傾向として、1センテンスで単語が収録されている教材が目立ちます。

それ1本で、英語学習は十分かという議論が浮上する事もあるのです。

 

 

意味を通じて記憶できるメリット

確かにセンテンス単位で収録されている単語帳は、

それなりに効果は期待できます。なぜなら、意味に関するメリットはあるからです。

そもそも単語1つだけが収録されている教材ですと、なかなか暗記しづらい傾向があります。

確かに音声は耳に刻まれますが、それではなかなか記憶が前に進まない傾向があるのです。

それよりもセンテンス単位で収録された教材の方が、覚えやすくはなるでしょう。

やはり人間は、文脈や意味などによって、物事を記録する傾向があります。

何の文脈も無い状況で、単語だけを覚えるとなると、あまり効率が良くないのです。

それなりに意味があるセンテンスが収録されているという意味では、

文節単位の英単語テキストなどは、それなりに意味があるでしょう。

 

 

バラバラ文脈のデメリット

しかし文節単位では、やはりどこかのタイミングで限界を迎える傾向があります。

実際にそれを何回か聞いてみると分かりますが、何せ文節単位ですから、

全く違う意味合いの文章を多数聞く事になってしまいます。

文脈がバラバラですから、必ずしも記憶がスムーズに進むとは限りません。

 

 

むしろ小説の方が望ましい

それよりもおすすめなのが、やはり英文が収録された小説です。

小説は、まず間違いなくストーリーがあるでしょう。

第1センテンスから最後のセンテンスまでは、一連のストーリーが構築されている事は間違いないです。

それなりに話の流れがある訳ですから、

センテンス単位で収録されている単語帳と比べれば、頭に入りやすいのです。

また英語学習では、楽しさという要素は欠かせません。

センテンス単位の単語帳では、途中で退屈してしまうリスクがあります。

三日坊主で終わる可能性もありますから、正直あまりおすすめできません。

しかし名作が収録された小説は、それなりに楽しめる傾向があります。

毎日それをヒアリングすると分かりますが、聞く度に新たな発見があるのです。

やはり英語学習は、楽しめるに越した事はありません。

退屈せずに学習できるという意味でも、小説がおすすめと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です