学校の教科書を用いて英語学習を行う

英語学習に関する教材は、書店などに多く陳列されています。それに大きな関心を抱いている方々も、とても多いのは事実です。
確かにそれら教材を用いるのも、一法ではあります。

 

しかしもっと基礎的な部分からやり直す方が、むしろ効率的な事もあります。結論を申し上げると、学校で渡された教科書などは、それなりに大きな効果が見込めるのです。それを徹底復習もしくは丸暗記してしまうと良いでしょう。

教科書は非常に良い教材

そもそも学校で渡される教材は、やはりそれなりに上手く作られています。公的機関の指導の下で作られている教材だけに、語学習得に関する要素も、それなりに体系立っているのです。

 
何より教科書ならば、少なくとも費用に関するメリットがある事は明らかでしょう。現在それを無くさずに保管しているという条件はありますが、少なくともそれで勉強すれば、費用は大幅に節約できる事だけは間違いありません。

 
また大抵の方々は、教科書の音声を録音したカセットテープなどが渡されています。昨今ではCDが渡される事も多いですが、それも非常に優秀な教材なのです。教科書を完全習得すれば、それなりに語学力は高まると考えて良いでしょう。

なぜ教科書で学んだのに英語力が弱いか

このように教科書は非常に優秀なのですが、残念ながら多くの方々は、それを完全習得していません。理解度が中途半端になっているのです。

 
少なくとも上記でも触れたCDの音声が耳に強く焼き付いている方々は、かなり英語力が高めな傾向があります。教科書の丸暗記を行っていると、なお万全な傾向があります。

 

入試問題でも、それなりに得点が期待できるでしょう。しかし理解度が中途半端なので、英語力も伸び悩んでしまう訳です。

まずは教科書のCDを聴き続ける

どうやって学習するば良いかというと、まずはCD音声を耳に焼き付けるやり方で問題無いでしょう。毎日それを繰り返していれば、自然と英語力も伸びる傾向があるからです。

 
少なくとも1ヶ月はCDを聞き続けると良いでしょう。なお、途中で一時停止ボタンなどは押す必要はありません。

音読を併用しても良い

 

それが完了したら、今度は教科書を音読するスタイルで問題無いでしょう。毎日同じ教科書を読み続けていると、自然と英文が口から出てくるようになります。

 
まずはこの方法で、半年ほど頑張ってみると良いでしょう。それを実行してみれば、TOEICの成績などもかなりアップする傾向があります。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です