英語を使って何をしたいのか、目標を認識することが必要

英語を学ぶにあたり、まずは何を目標とするのか考えなければなりません。
英語を使えたらいいのに、という思いは多くの人が持っていると思いますが、何のためにかを考えてみます。

目標は大きく4つに分けられると思います。
学生が必ず通る道である受験英語は英語の成り立ちや様々なルールを学んで応用して使う必要があります。
日本語とは違う点が多く、また日本語と比較して説明されても母語は感覚で理解している部分も多いために
説明自体が難しく感じてしまうことがあり「英語って難しい」と壁を感じやすいのが難点です。

次に必要に迫られて学ぶことが多い資格試験英語です。
TOEICなどの資格に関する英語は受験英語とはまた一味違います。
受ける資格試験の種類によって出題方法や内容に特徴があるため、試験ごとの研究と対策を必要とします。

大人になると必要な場面に直面するのがビジネス英語です。
かしこまった席での会話、書類に書かれる専門的な単語など、
崩すことができない表現などがあり、学んでいる人を苦しめます。

日常会話を問題なくこなせる人でもビジネス英語は学び直す人が多く、
その様は日本の子供達が少しづつ敬語を学んでいく様子に似ています。

そして最後にコミュニケーションのための英語です。
日常会話から海外旅行の緊急時に必要な場合など幾つかのシチュエーションが考えられますが、
伝わればいい、伝えたい気持ちが大事だと言われる反面、
前後の文章からの憶測などに頼りすぎると正確に伝わらないというデメリットもあるため、やはりある程度の学習が必要です。

目標を認識した後でまずは基礎からと思っている人に人気の英文法書は『Grammar in Use』です。
英ケンブリッジ大学監修の英文法書なのですが、イギリス英語、北米英語に分かれており、
さらにそれらが初級中級上級に分けられています。

この本の特徴はなんと言っても英語で書かれた英文法書ということです。
説明のための英語は簡単な英語が使われており、中学校レベルの英語を読めれば理解できる内容です。
左ページに説明、右ページはドリルとその場で練習していくことができます。

種類が多いのでどれを手に取ったらいいのか迷ってしまうかもしれません。
イギリス英語と北米英語は身近な人がどちらを使っているのか、などで決めてもいいのですが、問題はレベルです。
中学くらいは理解できるし中級でも大丈夫かな?と思って購入すると

本の最初に「この本は初心者向けではなく、より上のレベルの英語を学びたい人のためのものです』と書いてあります。
想像しているよりも難しい内容である可能性がありますので、復習から始めたい人は初級(basic)をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です