子供の時期の英語学習とリスクに関する注意点

小さなお子様をお持ちの方々は、子供の将来に関してかなり深く考えている場合があります。ゆくゆくはグローバル社会で活躍するという期待感の下で、早い段階で英語学習を進めるべきという発想があるのです。それは間違いではありませんが、リスクがある点は注意を要するでしょう。

早いに越した事は無いという考え

思えば最近では、子供英会話などの教室も多く見かけるようになりました。社会人向けのスクールというより、むしろ地域のお子様向けの教室なども、各地域には非常に多くあります。
そこに子供を通わせる目的は、やはり早期準備です。そもそも準備は、早い方が望ましいという考え方もある訳です。高3の段階になって慌てて大学入試に備えるよりは、高1の段階から備える方が望ましいという考え方はあるでしょう。どうせならば、幼児の段階でスタートするべきという考えもある訳です。

日本語習得が中途半端になるリスク

ところがそれには、若干のリスクもあるのです。そもそも幼児という時期では、まだ日本語が完全に習得できていないでしょう。ご両親が必死になって、日本語習得で頑張っている事例もしばしば見られます。
そういう段階で英語学習を進めてしまうと、どちらか片方が疎かになるリスクがあるのです。日本語習得が中途半端な段階で終わってしまう可能性があり、将来的に日本語のコミュニケーションが難しくなるという考えがあります。
実際、確かにそういった事例も確認されているのです。したがって、あまり早い段階で行わない方が良いとも言えます。

基本的にはスクールがおすすめ

ただ子供向けスクールの先生の方々は、その辺りの事情はよく分かっています。少なくとも子供の日本語習得が疎かにならないよう、最大限の配慮を行ってくれる傾向があるのです。
そもそも子供向けスクールでの英語学習には、楽しさに関するメリットがあります。子供が喜びそうな様々な教材を用いて学習を進めてくれますから、子供が英語に興味を持ってくれる度合いも高まる傾向があるのです。
やはり英語学習がスムーズになるか否かは、好き嫌いの問題はあるでしょう。スクールでは、英語が好きになるように勤めてくれる訳です。
それを考えれば、スクールに通わせる事はそれなりに意味があるとも言えます。自己流の方法で幼児段階から英語を教えるというよりは、やはりスクールに通わせる方が妥当とも言えるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です