自分よりワンランク下の教材で頑張る

人々の英語力には、それぞれ違いがあります。少なくとも学年に関する違いを想像すれば、それは明白でしょう。中学校2年レベルの英語力もあれば、もちろん大学卒業程度の英語力などもありますし、同時通訳が可能なレベルなど色々です。そしてレベルは、教材を選ぶ時にも大きく関わってくるのです。基本的には、自分よりも少し下のレベルの教材を用いてみると良いでしょう。

背伸びはしない方が良い

そもそも英語教材を購入する方々は、たまに自分のレベルより高めな物を選んでしまっています。それで失敗している事例が、たまに確認されているのです。
例えば現時点における自分の英語力が、中学校2年レベルだとします。そういった段階で、大卒レベルの教材を選んでしまう方々も、たまに見られる訳です。
理由は、大は小を兼ねるという考え方です。そもそもハイレベルな教材で習得すれば、それなりに基礎事項もカバーできるという思い込みがあります。したがって大卒レベルで学習すれば、中3レベルの学習も可能という考え方もある訳です。
ですが、残念ながらそれは誤りです。大は小を兼ねるという考えは、英語学習には当てはまりません。むしろ理解不能に陥ってしまう可能性が高いです。消化不良の状態で英語学習を進めようと思っても、やはり無理があるでしょう。

1つ下のレベルなら理解可能

それよりも、やや下のレベルを選んでみる方が良いのです。上記のように中2レベルならば、むしろ中1レベルの教材を選んでみる方が良いでしょう。
そもそも中2まで進んだとは言っても、実は中1レベルの理解度が疎かになっているケースがしばしば見られます。つまり取りこぼしがあるのです。
そういった内容を徹底的に復讐する方が、やはり英語力も伸びやすくなります。理解が曖昧になる要素が少ないですから、大いに推奨されるでしょう。

中途半端でなく徹底的な理解が大切

それで中1レベルの教材を用いる時は、決して理解を半端なレベルで終わらせるべきではありません。教材を丸暗記する位の勢いで、完全学習をするスタイルが望ましいでしょう。
そもそも中1レベルの教材とは言っても、決して侮れない一面があります。実際に実行してみると分かりますが、それなりにボリュームがある事は間違いありません。それだけに、効果の伸びも期待できる訳です。
結局は一回り上のレベルで英語学習を進めるよりは、下のレベルで頑張ってみるのが妥当と言えるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です